史跡松前藩戸切地陣屋跡

史跡松前藩戸切地陣屋跡(2008年7月21日撮影)

松前藩戸切地陣屋図面(2008年7月21日撮影)

案内板に記載の内容は以下のとおり。

史跡松前藩戸切地陣屋跡
 この陣屋は、安政2年(1855)幕府に命じられ松前藩が築いたものです。
 構造は、四稜郭で亀が首を出した形をしており6つの砲座があります。
 郭内には17棟の建物があり、約120人で守備していましたが、完成から13年後の明治元年(1868)箱館戦争の時、相手方に陣屋が使われないよう建物に火をつけ焼払っています。
 この陣屋は、保存状態もよく城造りの資料として価値が高いことから、昭和40年3月18日、国の史跡に指定されました。

参考

  • 森 靖裕(2004)「史跡等の整備と活用–史跡松前藩戸切地陣屋跡 幕末蝦夷地にみる西欧式城郭跡」『月刊文化財 / 文化庁文化財部 監修』 (487) 2004.4 p.52~55
  • 上磯町教育委員会(1965)『松前藩戸切地陣屋跡 : 国指定史跡』
  • 上磯町教育委員会(1981)『史跡松前藩戸切地陣屋跡郭内遺構概要確認調査報告』
  • 北海道埋蔵文化財センター(1982)『史跡松前藩戸切地陣屋跡』上磯町教育委員会
  • 上磯町教育委員会(2002)『史跡松前藩戸切地(へきりち)陣屋跡 : 環境整備事業報告書』

函館山

函館山とロープウェイ(2008年7月21日撮影)

函館山(2008年7月21日撮影)

函館山ロープウェイ(2008年7月21日撮影)

函館山の頂上に設置されている観光標識の内容は以下のとおり。

函館山
 函館山は、幾たびもの火山活動により海中に隆起した孤島であったが、約3000年位前に、海水により港側と外海側から次第に砂が堆積されて砂州ができ、函館山は渡島半島と陸続きになった。函館の中心街はこの砂州の上にある。
 函館山の地質は、約2500万年前に噴出した安山岩で、五稜郭や弁天台場などの工事にこの山の石を用いた。
 函館山の最高峰は、ここ御殿山で標高334mあり、このほか、薬師山、観音山、千畳敷、鞍掛山などがあるが、この山の形が牛の臥している姿に似ているので、別名臥牛山とも呼ばれている。
 山頂からは、扇状にひろがる市街地、遠く駒ケ岳、汐首岬も望まれ、晴れた日は、本州の下北半島も見られるが、特に市街地の夜景は世界一といわれる美しさである。
 函館山の右手、西端には、異郷の地で永遠に眠る外国人の墓、外人墓地があり、左手、東端には薄幸の詩人石川啄木とその一族が眠る立待岬があるほか、山麓には数多くの名所、旧跡が散在している。
 展望台壁面には、寛政12年(1800年)5月28日、伊能忠敬が北海道最初に測量したことを記念したレリーフがあり、また、前方の広場には、ブラキストンラインで有名なブラキストンの記念碑もあるなど、学術的にも貴重な山である。
函館市
MT. HAKODATE
 Mt.Hakodate used to be a protuberant isolated island in the sea after many volcanic activities. About 3,000 years ago sand got accumlated gradually from the port side and the open sea. That then grew to be a sand bar.Mt Hakodate was connected by this sand bar to the Oshima Peninsula.
 The nature of the soil in Mt. Hakodate is andesite which erupted about 25,000,000 years ago. When Goryokaku and the Benten Fort were constructed, stones from Mt. Hakodate were used.
 The top of Mt. Hakodate called Mt. Goten is 334 meters above sea level. As the shape of Mt. Hakodate together with Mt. Yakushi, Mt. Kannon Mt. Kurakake, and Senjojiki looks like a lying cow, iti is calledgagyuzan meaning Mt. lying cow. From the top of the mountain one can see the wonderful sight of a fan-shaped city. Also from the top of the mountain, on a clear day, one can see Mt. Komagatake, the Shiokubi cape, and the shimokita Peninsular of the main island. The night view looking from Mt. Hakodate is notably remembered as one of the most fantastic views in the world. At the foot of the mountain there are many noted places and historic spots such as a foreign cemetery to the west, on the right of Mt. Hakodate, and the Tachimachi cape to the east on the left of Mt. Hakodate.
 On the Tachimachi cape there is a tombstone for an ill-fated poet, Takuboku,and his family. A wall relief for the memory of Tadataka Inou’s first measuring in Hokkaido in 1800 is on the surface of a wall in the observatory deck. In the square in front there is a monument of Blakiston who is famous for the Blakiston line. Scientifically, too, this mountain is significas.
津経要塞跡
 明治30(1897)年、函館山で要塞工事が始まり、32年11月函館要塞として完成したが、昭和2(1927)年4月に津軽要塞と改称された。敷地は保安林も含め御殿山、薬師山、千畳敷、谷地頭付近の約16万坪が陸軍省の所管となり、昭和21(1946)年5月の開放までは、一般市民の立入りはもちろん、写生、撮影ならびに測量などが一切禁止された。
 現在も函館山の各所に地下壕跡などが残されている。
函館山の植物
 函館山は、その山容が標高わずか334m、周囲約9kmの小さい山でありながら、地形が複雑多岐であり、植物の生育環境が多様であることから、植物種は極めて多く、北方系と南方系が混生しており、その数は600種余りと言われ、まさに自然が造りあげた植物園である。
 白然林もさることながら、箱館奉行や開拓使によって植林されたスギやマツの群生が見られる。また、道路沿いや裸地に自立つセイヨウタンポポなどは、明治初期に移入されたものであるが、このような帰化植物は30数種類あると言われている。
 これらの豊富な植物は、要塞が築かれてから50年近くも入山禁止となったために自然が守られ、保護された結果であろう。
 ここはまた鳥類の楽園としても知られている。
 津軽海峡が動物分布上の境界線をなすことを発見した、英国人ブラキストンは、函館山の鳥類を調べてこの境界線(ブラキストンライン)を発表した。現在、留鳥と渡り鳥を合わせて約150種が見られる。
函館市
TSUGARU FORT AND THE PLANTS FOUND ON MT. HAKODATE
REMAINS OF TSUGARU FORT
 In 1897 construction of Hakodate Fort started on Mt. Hakodate and it was completed in November 1899. In April 1927 it was renamed Tsugaru Fort.
 The whole site of about 160,000 tsubo ( 632,320 square yards) including the forest reserve, Gotenyama, Yakushiyama, Senjojiki and Yachigashira was under the jurisdiction of the Ministry of War until May 1946. Until then not only was it forbidden for citizens to enter the mountain area, but sketching, taking photographs and surveying were also strictly forbidden. Even today some underground shelters still remain.
THE PLANTS ON MT. HAKODATE
 Mt. Hakodate, only 334 meters above sea level and about 9 kilometers in circumference, has a complicated and divergent topography. Over 600 species of plants grow here, including plants which can be found in both northern and southern parts of Japan.
 This whole mountain can be called a huge natural botanical garden. Here can be found gregarious Japanese cedars and pjne trees, which were planted by Hakodate Bugyo ( commissioner ) and the Kaitakushi ( Hokkaido Colonization Bureau ).
 Common dandelions along the road side and on the uncultivated lands are thought to have entered Japan from abroad in the early days of the Meijj period.
 It is said that about thirty various plants among them were naturalized in Japan.
 These plants grew untouched because the military prohibited people from entering the area for nearly 50 years after the construction of the Fort.
 Mt. Hakodate is also known as a paradise for birds. Thomas W. Blakiston who came from England, researched the birds on Mt. Hakodate and discovered the geographical distribution of animals ( now called the Blakiston Line ).
 This line is drawn along the Tsugaru Straits.
 At present there are about 150 species of both resident and migratory birds.
CITY OF HAKODATE

函館大火慰霊堂と慰霊塔

函館大火慰霊堂は、大森公園内に昭和13(1938)年に完成。昭和9年の函館大火の際、この慰霊堂の横を流れる亀田川において多くの凍死者、溺死者を出している。

昭和9年函館大火の詳細は、昭和12年に刊行された『函館大火災害誌』に詳しい。同書は、国立国会図書館デジタルコレクションにて全文公開されている。

函館大火慰霊堂(2008年7月6日撮影)

函館大火慰霊堂〜正面(2008年7月6日撮影)

函館大火慰霊堂〜正面斜め(2008年7月6日撮影)

記念塔、慰霊塔、慰霊堂(2008年7月6日撮影)

函館大火慰霊塔(2008年7月6日撮影)

函館大火慰霊塔〜下から(2008年7月6日撮影)

記念塔の板碑に刻まれている内容は以下のとおり。

函館大火災惨害記念塔建立由来
 「昭和9年(1934年)3月21日夕刻に住吉町より発生した火災は、史上稀にみる烈風に煽られ市街地は一夜にして焼土と化し、その罹災者は約10万2千人を数える大惨事となり、死者行方不明者は2千8百28人を数えるに至った。
 折悪しく、市街地を縦断する新川(亀田川)に掛かる、此処「大森橋」は渦巻き吹き上げ迫る猛火に逃げ惑い追われる人々が、唯一の避難路として殺到する中、その橋も瞬く間に炎焼し身動きとれぬ人々は、寒波厳しい横殴りの風雪を伴って、荒れ狂う浜風で怒濤逆巻く川に投げ出され高潮に呑まれるなどの惨状を呈し、一夜明けたこの川辺一帯は、溺死凍死焼死者が折り重なっての、悲惨壮絶を極めた受難の地と化していた。
 この受難者の霊を慰め祀らんと、慰霊堂建設の計画が立てられ昭和12年(1937年)5月、市はその基礎工事に着手した。
 この慰霊堂の建設に呼応し、在市の宮本武之助(函館商工会議所副会頭)は、慰霊堂と一対をなす、「五重の塔」(慰霊塔)の付設建立寄進を申し出、その許しのもと自らも私財を供し、宗教団体(京都を本拠に慰霊活動をする「弘安海」)の大きな協力を得るなどの奔走の中、この五重の塔の完成をみた。
 因みに、この塔の材質は花崗岩を選び、京都の嵯峨・大覚寺に納められんとした由緒や、その秀れた石組みの技法など貴重にして高いものがあると云われ、船により運ばれ此の地において組立てられ建立を見たものである。
 塔の最上五層の中軸柱の頂部中心には、水晶の珠を捧げ持つ精巧な青銅の龍神の彫像が祀られ、又、地下の基礎には全国から寄せられた叺(かます)が49俵の「写経石」がコンクリートと共に練り込み納められ、その安らかなる霊への哀悼が深くこめられ塔を支えている。
 又、本堂たる慰霊堂はその基礎工事に着手はしたものの建築材料の暴騰によりその財源捻出に苦慮する中、思わぬ建設計画の遅れに悩む坂本森一市長に協力しこれにも宮本武之助は、その円滑なる事業の完成にと篤志の寄附を、自らの倹約励行をもって申し出るなど、慰霊堂の建設(総事業費約11万4千円)に大きな貢献をなしている。
 かくして昭和13年(1938年)10月8日、本堂を埋める多くの人々の参列のもと、入仏落慶式がいとも厳粛な中、盛大に挙行され無事その完成をみたのである。」
あまたの御霊安らかにましませ
 この記念塔建立由来板は、本塔の建立に多大な貢献をされた故宮本武之助氏長男である宮本徹也・靖子御夫妻が作製され、本市に寄贈されたものです。
平成13年(2001年) 函館市

立待岬

立待岬の碑(2008年7月12日撮影)

立待岬の眺め1(2008年7月12日撮影)

立待岬の眺め2(2008年7月12日撮影)

立待岬という名称は、アイヌ語で「待ち伏せするところ」(魚を獲るために)に由来するとのことである。函館市設置の観光標識の内容は以下のとおり。

立待岬
 この地名は、アイヌ語のヨコウシ(待ち伏せするところ、すなわち、ここで魚を獲ろうと立って待つ)に困むという。18世紀末に幕府が蝦夷地を直轄すると、警備のため、ここに台場が築かれたことがあった。また、第二次世界大戦中は、要塞地帯法により市民は立ち入りを禁じられていた。現在は、津軽海峡を望む景勝地として、多くの観光客が訪れている。近くには石川啄木一族の基や与謝野寛、晶子の歌碑もある。
函館市
CAPE TACHIMACHI ( YOKO-USHI ORIGlNAL AlNU PLACE NAME )
 TACHIMACHI is derived from the Ainu name for this cape YOKOUSHI. YOKOUSHI means the place where people stand and wait to catch fish. The present Japanese name is thus a translation of the Ainu words、 YOKO ( to stand and wait for prey to come ) and USHI ( place ), thus, the Japanese Tachi Machi.
 At the end of the 18th century when Ezochi ( Hokkaido ) became a place under the direct control of the Tokugawa Shogunate, the shogunate built a fort in this area. During World War II, citizens were prohibited to enter this mountain area because of the Fortified Zone Law. Currently, many tourists visit here as a scenic spot to command a great view of the Tsugaru Straits. The poem monument of Yosano Hiroshi & Akiko and the tomb of the Ishikawa Takuboku family can be found very near here.
CITY OF HAKODATE

函館公園内石川啄木の歌碑

石川啄木の歌碑(2008年7月4日撮影)

函館公園にある石川啄木の歌碑。碑面には、啄木がかつて滞在した函館を懐かしんだ詩「函館の青柳町こそかなしけれ 友の恋歌 矢ぐるまの花」が刻まれている。

説明板の内容は、以下のとおり。

石川啄木の歌碑
 この歌碑は、啄木の青春のあしあと、青柳町時代を記念して昭和28年(1953年)4月に建立された。
 全国に数多く点在する啄木歌碑の中でも一番美しいできばえといわれるこの歌碑は、啄木の自筆を集字拡大したものであり、エキゾチックな風情とロマンをもつ街・函館をうたった歌として、広く市民に愛誦されている。
 薄幸の詩人、石川啄木が函館に逗留したのは、明治40年(1907年)5月から9月にかけての僅か132日間にすぎない。この間、文芸同人苜蓿社の諸友に囲まれ、文学を論じ、人生を語り心安らぎつつも、自らの若さと夢を思い悲しんだ。

参考


スポンサーリンク