洋式帆船「箱館丸」

洋式帆船「箱館丸」

2018年6月30日撮影。 説明板 日本最初の洋式帆船「箱館丸」 幕府は、安政元年3月、日米和親条約を締結、下田箱館の2港が開港されることとなった。 箱館奉行所では、幕府に対し蝦夷地の警備および、開港に伴う外国船舶との交渉上、奉行所所属の船舶が必要となり、箱館で造ることを申請し許可されたため船大工續豊治に造船の命令をくだし、安政4年11月完成、...

北海道水田発祥の地碑

北海道水田発祥の地碑

「北海道知事  田中敏文書」とあり。 2018/6/6 撮影。 碑銘 水田発祥由来 亀田郡大野村字文月押上のこの地に元禄五年農民作右エ門なる者南部の野田村から移つて人々の定着は米にあるとして地を拓し自然水により四百五十坪を開田し産米十俵を収穫した爾来消長あつたが後「御上田」と称して現在に及んでいる 先人未踏の北辺に今日道産米三百万石の基礎はかうし...

NO IMAGE

木村捷司記念室(七飯町)開設25周年

【七飯】函館出身の洋画家で、七飯にアトリエを構えて創作活動を続けた木村捷司(1905~91年)の作品を展示する「木村捷司記念室」(鳴川1)が、冬季休館を経て、今季の開館を迎えた。昨季から半分以上を入れ替え、61点の絵画を展示している。 七飯の木村捷司記念室 初公開や人気作 見応え十分61点 開設25周年 今季も開館 存じ上げなかったのですが、松前神楽をテーマにした作品など、見てみた...

NO IMAGE

サッポロビールの葡萄園「グランポレール北海道北斗ヴィンヤード」開園

サッポロビールが、北斗市三ツ石に大規模葡萄園「グランポレール北海道北斗ヴィンヤード(仮称)」を開園。2021年には最初の収穫を、2022年には収穫されたぶどうから醸造したワインの発売を目指している。 「グランポレール」とは「偉大なる北極星」といった意味か。「北斗」も「北極星」をあらわす場合もあるそうなので、ワインの名前ともぴったりだと思料。 サッポロビール株式会社>ニュースリリース>「グラン...

高龍寺の蠣崎波響筆「釈迦涅槃図」を見てきました

高龍寺の蠣崎波響筆「釈迦涅槃図」を見てきました

夷酋列像で知られる波響の釈迦涅槃図。今年は、本日まで一般公開されており、見ることができました。年に一度、4/1〜4/15に公開されますので、関心のある方は来年の日程にご留意ください。 実物を見るのと、写真を見るのとでは受ける印象が全く異なるものです。 文化遺産オンライン>釈迦涅槃図蠣崎波響筆

遺愛のクロッカスが満開でした(2018年)

遺愛のクロッカスが満開でした(2018年)

毎年楽しみにしている遺愛学院のクロッカス。今年も満開、綺麗に咲いてました。 しとしとと 雨しとしとと 春の雨(日野草城) 夕方から雨降りです。Wikipediaによれば、クロッカスは「開花した花に水がかかると溶けるように縮んで萎れてしまう」とあります。この雨で、かなり萎れてしまいそうです。 Wikipedia>クロッカス

NO IMAGE

松前藩屋敷がオープンしました(2018年)

函館新聞にも出てましたが、松前藩屋敷の今年の営業が4月8日から開始しているそうです。 開館 午前9時から午後5時まで 10月末まで無休 問い合わせ tel: 0139-43-2439 参考 北海道松前藩観光奉行

NO IMAGE

高龍寺の蠣崎波響筆「釈迦涅槃図」 今年は4月1日から4月15日まで一般公開です

年に一度一般公開される高龍寺の蠣崎波響筆「釈迦涅槃図」 。今年は、4月1日から4月15日まで一般公開されています。午前9時から午後4時まで、無料で拝観可能です。 Facebookページで表示されているチラシデータでは、4/15(土)となってますが、15日(日曜日)の誤りでしょうか? Wikipedia>蠣崎波響 By Kakizaki Hakyō - パブリック・ドメイン, Lin...